暑い日も寒い日も我が家は年中「春うらら」

暑い日も寒い日も我が家は年中「春うらら」

暑い日も寒い日も我が家は年中「春うらら」

遮熱原理・温熱環境工学から生まれた最先端テクノロジー:CW断熱

遮熱原理・温熱環境工学から生まれた最先端テクノロジー:CW断熱

CW断熱とは、樹脂発砲層(硬質ウレタン現場吹付け等)+アルミ熱線反射材の複合工法の新しい施工方法です。

cw断熱の特徴

従来の断熱工法とはどう違う?

 今まで日本で流通しているウレタン・グラスウール等の断熱材は保温性能に優れ冬は暖かいのですが、遮熱効果ができないため夏の暑さは基本的に防げません。むしろ蓄熱作用により熱帯夜に拍車をかける原因の一つでした。
 またアルミ熱線反射は、熱線を反射し、夏は涼しいのですが、冬は保温効果が期待できず、また結露の可能性も心配されていました。

 そこでこの2つの互いに相反する性質を複合させることにより、互いの欠点を補い、暑さにも寒さにも対応できるよう開発したのがCW断熱です。
 さらに、ウレタン現場発泡によりほぼ完ぺきな気密性能が期待できます。また、防音性能に優れ、結露が発生しないことも実証されております。安全性や作業性も良く、短期間で施工ができます。

 地域にウレタン厚さをかえることにより、日本全国Ⅰ~Ⅴ地域に対応でき、公庫融資基準、次世代省エネ基準も対応できます。
 即ち夏は涼しく、冬は暖かで、省エネ効果の実感できる高性能な断熱・遮熱広工法なのです!

他の断熱との違い

基本的な施工方法

アルミ熱線反射材をハサミ・カッター等で切断し、透湿防水シートの代わりにタッカーで柱の外側に固定します。その上に通気動縁を取り付け、外装を仕上げます。内部から柱間に現場発泡ウレタンを施工し、内装仕上げをします。屋根面・天井面も同様となりますが、アルミ熱線反射材は、反射空間が必要ですので、アルミの外側に通気層を15~40mm程度、儲けるのがポイントとなります。鉄骨造・RC造等応用ができますので、施工方法はお気軽にお問い合わせください!

月々の電気代も節約できるCW断熱

cw03